スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公式拡張パック&公式DLCの日本語化下準備

-オブリビオン導入の道-

オブリビオンをやろう!

オブリビオンのバージョンを確認する

オブリビオンを日本語化する Part_1

オブリビオンを日本語化する Part_2

オブリビオンを日本語化する Part_3

オブリビオンを日本語化する Part_4

※公式拡張パック&公式DLCの日本語化下準備 ←今ここ!


「オブリビオンを日本語化する Part_1~4」で
日本語化できる箇所は、オブリビオンのオリジナル部分のみです。

Game of the Year Editionのオブリビオンを遊んでいる人にとっては、
Disc1までの世界しか、日本語化は行われません。

そこで、オブリビオンの公式拡張パック
・Shivering Isles

そして、追加DLC
・DLC1 Horse Armor Pack
・DLC2 Orrery (Repairing The Orrery)
・DLC3 Wizard's Tower (Frostcrag Spire)
・DLC5 The Vile Lair (Deepscorn Hollow)
・DLC6 Fighter's Stronghold
・DLC7 Thieves Den (Dunbarrow Cove)
・DLC8 Knights of the Nine
・DLC9 Mehrunes' Razor (Unearthing Mehrunes Razor)

これらの追加コンテンツの内、
1つでも導入しているものがある方は、
このページで日本語化の下準備を行った後に、
「オブリビオンを日本語化する Part_3」の手順を行う事で、
オブリビオンのオリジナル部分も含めて、
一度に同時に日本語化する事ができます。

詳細な手順として、
まず追加コンテンツと各DLCには、多数のバグがあります。
これらを、修正するMODとして
・「Unofficial Shivering Isles Patch(USIP)」(SI用)
・「Unofficial Official Mods Patch(UOMP)」(各DLC用)
上記バグ修正MODを導入した後、
これらを日本語化するファイルを導入する事で、
オブリビオンのオリジナル部分+拡張パック+DLCの
全てを纏めて日本語化してしまおう!というわけです。

そこで今回は、Game of the Year EditionのDisc2に含まれる
公式追加コンテンツ「Shivering Isles(SI)」と
「DLC8 Knights of the Nine (KotN)」をメインに
公式拡張パックと各DLCにバグ修正MODを導入するまでの手順を紹介します。

その後、本サイトのオブリビオンを日本語化する Part_3にて、
日本語化MODを導入する事で、一度に纏めて日本語化が完了します。

※追加コンテンツを1つも入れていない人には、本稿は関係ありません。
※Game of the Year EditionのオブリビオンのDisc2を入れている場合、
SIとKotNがインストールされています。
※自分が入れている拡張パックとDLCを把握した上で導入を行って下さい。



まずは、もっとも大きな公式追加コンテンツである、
「Shivering Isles(SI)」のバグ修正を行うMOD
「Unofficial Shivering Isles Patch(USIP)」を導入します。

(1)
「USIP」をこちらから入手します。

ObMMで導入した方が楽なので、
「v1_4_0 OMOD version」をダウンロードしましょう。

(2)
ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、
ObMMが自動的に開き、右ウィンドウのOMOD一覧に
Unofficial Shivering Isles Patch」が追加されています。

(3)
Unofficial Shivering Isles Patch」を
ダブルクリックして、
Unofficial Shivering Isles Patch」と
青色に変われば、USIPの導入は完了です。



次に、「DLC8 Knights of the Nine (KotN)」及び
その他各DLCのバグ修正MOD
「Unofficial Official Mods Patch(UOMP)」を導入します。

(1)
「UOMP」をこちらから入手します。

(2)
こちらもObMMでの導入が楽なので、
「Unofficial Official Mods Patch v15 OMOD Version」
をダウンロードしましょう。

(3)
ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、
ObMMが自動的に開き、右ウィンドウのOMOD一覧に
Unofficial_Official_Mods_Patch_v15_OMOD_Version-9969」が
追加されています。

(4)
Unofficial_Official_Mods_Patch_v15_OMOD_Version-9969」を
ダブルクリックすると、
インストールしているDLCを検索して、対応したMODを自動的に導入します。

Unofficial_Official_Mods_Patch_v15_OMOD_Version-9969」と
青色に変われば、UOMPの導入は完了です。


「USIP」や「UOMP」の導入が完了しても、
これらはあくまでバグ修正のみのMODであり、
日本語化は行われていません。

そこで次は、オブリビオンのオリジナル部分のバグ修正MOD「UOP」
そして、「USIP」と「UOMP」の全てを一括で日本語化するMODを導入し、
完全な日本語化を目指します。

戻る⇒オブリビオンを日本語化する Part_3

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。