スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSR - Oblivion Stutter Remover

今回は、「Oblivion Stutter Remover(通称OSR)」の紹介です。

まず始めに、OSRはOBSEプラグインです。
その為、OBSEが無ければ導入する事は不可能なので、ご注意ください。

では、OSRとは。
OSRは、パフォーマンスアップを目指して作成された強力なツールで、
画面のカクツキ等の原因となっている、オブリビオンの根本的な部分、
メモリの頭の悪い部分を乗っ取って、高速なメモリを使用し、
頭のいい子にしちゃうツールです。

その為、移動中の「カクカク」が収まったり、ロード時間が短くなったり、
メモリ関連によるCTD(突然ゲームが終了してデスクトップに戻る)が収まったり等、
このツールで受ける恩恵は、かなり大きなものがあります。

ちょっと設定はめんどいですが、導入による効果は高いので是非おすすめします。


※まず、OBSEが導入されている事が前提です。
必ずOBSEを導入してからOSRを導入して下さい。

1.ここの「File」>「Main File」の「OSR_4-1」をダウンロードします。

2.
ダウンロードしたファイルを解凍すると、「Data」フォルダが入ってるので、
「Data」フォルダを、あなたの'Oblivion'フォルダ
(通常は、C:\Program Files\Bethesda Softworks\Oblivion)の中にコピーします。

※既に「Data」フォルダがある為、「上書きするけどいい?」みたいに聞かれて怖いですが、
上書きでは無く、ちゃんと「統合」されるので大丈夫。

これで導入は完了です。


さて、これだけでは、まだOSRの本領は発揮でき無い為、
次に先ほどOblivionフォルダ内にコピーしたフォルダにアクセスします。
「Data」>「obse」>「Plugins」と進むと「sr_Oblivion_Stutter_Remover」というファイルが
3つ見つかるはずです。
この内、「sr_Oblivion_Stutter_Remover.ini」というファイルをダブルクリックで開きます。

これが、OSRの設定を変更するファイルとなります。

では、この中のいくつかの機能について解説します。


Master ― 主にOSRの各機能のON/OFFを管理する所。

bReplaceHeap = 0

Heapという機能をOFFにしています。
Heapはオブリビオンの頭の悪いメモリを高性能なメモリに摩り替える機能です。
これがONになってないと、OSRの機能をフル活用できないので、ONにします。

bReplaceHeap = 1
これでONになりました。

FPS_Management ― FPSを管理する所。
※FPSとは「Frame Per Second」の略で、動画・ゲーム画面の滑らかさを表す数値です。
毎秒何枚の画像を表示しているかを表しています。

「MaximumFPS = 30」
「MinimumFPS = 10」

ここでは次の様な管理を行ってます。
FPSが最大値「Max」の設定を上回ると、オブリビオンのプログラムを休ませます。
休ませている間は、CPUやビデオカードも最低限の動作で済むため、
PCの全体的な負担が減ります。

FPSが「Min」の設定を下回ると、オブリビオンはスローモーションで動作して、
オブリビオンがCTD(ゲームの異常終了)する等の暴走を防いでくれます。

つまりデフォルト設定だと、
オブリビオンは常にFPSを10~30辺りにキープするよう動作します。
(通常は0~60を上下しながら動作する為、不安定でカクカクしやすい)
通常よりFPSが下がるので、数字的には動きは滑らかでは無くなります。
しかし、その分安定した動作となり、
明らかに画面のカクカクが減るので、逆に滑らかに感じると思います。
基本はデフォルトで動かし、滑らかに感じないなら
Maxの数値を上げてみていいと思います。

Heap ― Masterで「bReplaceHeap」を「1」にした時、ここの設定が有効になります。

「iHeapAlgorithm = 5」

Heapはオブリビオンのメモリ管理を高性能なものに変更する機能ですが、
この項目では、「1」~「5」まで用意されたメモリ管理の処理形式を選択する事ができます。
基本はOSR製作者が推奨するデフォルト設定の「5」を使用してみて、
ゲーム中の動作が不安定になるようなら「1」か「3」を、
それでも安定しないなら「2」を使用します。
「4」は開発用のデバッグモードなので、使用しないでください。

「iHeapSize = 450」

Heapが使用するメモリ領域の設定みたいですが、詳しくはわかりません(*´Д`*)
でも、この数値を上げることで劇的にパフォーマンスがアップするという事があります。
PCにメモリを多く積んでいる場合、この設定を「800」辺りまで上げてみると
確実にパフォーマンスアップが望めます。
最適値は環境によって変わるので、
「450」~「800」の間で上げ下げしてみるといいと思います。


とりあえず、最低限の機能を解説してみました。
まぁ、要するに変更点としては、
「bReplaceHeap = 0」を「bReplaceHeap = 1」にするくらいです。

これで調子悪いなら、「iHeapAlgorithm = 5」を変更したり、
PCに積んでるメモリに余裕がありそうなら、
「iHeapSize = 450」をいじってみるといいと思います。

あ、設定を変更したら「上書き保存」を忘れずに。



スポンサーサイト

OBSE - Oblivion Script Extender

今回は、「Oblivion Script Extender(通称OBSE)」を紹介します。

OBSEはOblivionのスクリプトの機能を拡張します。
オブリビオンでもうちょっと凝ったプログラムが動かせるようになるって感じでしょうか?
なので、OBSEをただ導入しただけでは意味がありません。

OBSEを導入した上で、OBSEに対応したMODを入れて初めて意味があるツールになります。

ということで、OBSE対応MODを入れる予定が無いなら、導入する必要はありませんが、
OBSE対応MODは総じて非常に便利なものが多いので、
いろいろMODを調べていると導入したくなると思います(*´Д`*)

OBSE導入後は、ゲームを起動する場所が変わる等、ややこしい所があるので、
詳しく解説していきたいと思います。



(1)
ここでページ一番上にある、
OBSEのVersion: v○○(○○には数字でバージョン名が入る)をダウンロードします。
(海外サイトに飛びます)

-----------------------------------------------------------
注意点として、上記サイトにはOBSEの
betaバージョン(テストバージョン)が
公開されている事もありますが、OBSEのbetaバージョンは不安定な事が多いので、
こちらは使用しない事をオススメします。

なので、数字の後ろに「beta」等の記載があるバージョンは避けた方が良いです。
-----------------------------------------------------------

(2)
ダウンロードしたファイルを解凍すると、何やらフォルダ内にファイルがいっぱいありますが、
とりあえず、「obse_1_2_416.dll」「obse_editor_1_2.dll」「obse_loader」の
3つのファイルをコピーしておきます。

※オブリビオンのパッケージ版を普通に購入した人には関係ありませんが、
もし、「Steam」版のオブリビオンで遊んでいる人は、
「obse_1_2_416.dll」は使わず、代わりに「obse_steam_loader」を使用します。


(3)
あなたの'Oblivion'フォルダ
(通常は、C:\Program Files\Bethesda Softworks\Oblivion)の中にコピーします。
※Dataフォルダじゃないよ!



これで、導入完了です。
では、Oblivionフォルダ内にコピーした「obse_loader」ダブルクリックしてみましょう。
オブリビオンが起動するハズです。

以後、オブリビオンはここから起動する事になります。
そうしないと、OBSEが機能しないからです。
なので、「obse_loader」のショートカットを
デスクトップ等に作成しておく事をオススメします('Д')




オブリビオンのパフォーマンスUPを目指す

このカテゴリでは、オブリビオンのパフォーマンスアップを行うMODを紹介します。

それでは、さっそく紹介していきます。



LowPoly (Alt) Grass
オブリビオンでとりあえず重く感じるエリアはフィールドです。
ほとんどの人がフィールドで快適に動作する事を願っているはず。
フィールドでの動作を重くする要因となっているのが、生い茂る草です。
このMODは、草のポリゴン数を草の見た目を出来る限り損なわないように
草のポリゴン数を減らすことで、パフォーマンスアップを狙うMODです。

「LowPoly Grass」には、いくつかファイルが存在します。

LowPoly Grass
通常版。若干草の見た目が悪くなるのが見て取れますが、
パフォーマンスは確実に上がります。

LowPoly Grass for SI
「SI」とは公式DLC「Shivering Isles」の事、
SIを入れているならこっちを導入します。

LowPolyAlt Grass
上記リンク先ページの最下段にあるファイルで、オススメです。
通常版を改良しており、草のポリゴンの減らし方に工夫が施されています。
見た目はごく自然ですが、ポリゴンの減少量は通常版とほぼ同じです。
是非、こちらを導入してみて下さい。

LowPolyAlt Grass for SI
SIを入れているなら(略


Operation Optimization
難しい事はわかりませんが、
テクスチャを貼り付けているメッシュという部分の容量を削減するらしいです。
壁や床のテクスチャの見た目が若干悪くなります。
しかし、主観視点で近づいて眺めなければ、ほとんど気にならない程度です。
導入する事で大きくパフォーマンスアップに貢献します。


Optimised Distant Land MAX
遠くの地形のメッシュを削減して、パフォーマンスアップを図ります。
導入する際にメッシュの削減量を50%と75%のどちらにするかを選択できます。

50%では、ほとんど見た目に変化は無く、且つ効果は劇的です。
75%を選択すると相当軽くはなりますが、
オブリビオンの売りでもある美しい遠景が台無しです。
ここは、50%を選択することをオススメします。


Short Grass
名前通りの効果、草を短くします。
パフォーマンスアップに貢献するかは疑問視されていますが、
草が短くなると草むらに落ちた物を探しやすいという利点もあります。
個人的体感ですが、草が多いところでは若干軽い気もしないでもないです。
見た目も決して悪くなりませんので、興味のある方は入れてみて下さい。


OblivionScriptOptimization - SI FIXED
スクリプト(簡易プログラム)の整理、削減等、
大掃除を行って負荷を軽減するMODです。
CPU負荷の軽減を期待できるようなので、是非いれておきましょう。
ちなみに、SI FIXと名前に有るとおり、公式DLC「Shivering Isles」対応版なので、
SI入れてない人は↓の通常版を導入しましょう。

通常版⇒http://www.tesnexus.com/downloads/file.php?id=13092


Oblivion Stutter Remover(通称OSR)※OBSEプラグイン
導入には、OBSE(Oblivion Script Extender)という拡張ツールが必須です。
フィールド等を歩いてると、画面がカクカクと処理落ちして不安定になる事があります。
OSRを導入すると、「カクカク」の原因となっている部分に変更を加え、
滑らかで安定した動作に改善してくれます。
また、オブリビオンの遅いメモリ管理システムを
より高性能なものに変更する機能も追加されており、
パフォーマンスアップだけで無く、クラッシュやロード時間の短縮等にも貢献してくれます。

OBSEから導入が必要である事やOSR導入後も細かい設定が必要と、
導入はやや敷居が高いですが、それに見合うパフォーマンスアップは十分に期待できます。

OBSE導入については⇒OBSE - Oblivion Script Extender
OSR導入については⇒OSR - Oblivion Stutter Remover



 ▲  次のページへ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。