FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OBSE - Oblivion Script Extender

今回は、「Oblivion Script Extender(通称OBSE)」を紹介します。

OBSEはOblivionのスクリプトの機能を拡張します。
オブリビオンでもうちょっと凝ったプログラムが動かせるようになるって感じでしょうか?
なので、OBSEをただ導入しただけでは意味がありません。

OBSEを導入した上で、OBSEに対応したMODを入れて初めて意味があるツールになります。

ということで、OBSE対応MODを入れる予定が無いなら、導入する必要はありませんが、
OBSE対応MODは総じて非常に便利なものが多いので、
いろいろMODを調べていると導入したくなると思います(*´Д`*)

OBSE導入後は、ゲームを起動する場所が変わる等、ややこしい所があるので、
詳しく解説していきたいと思います。



(1)
ここでページ一番上にある、
OBSEのVersion: v○○(○○には数字でバージョン名が入る)をダウンロードします。
(海外サイトに飛びます)

-----------------------------------------------------------
注意点として、上記サイトにはOBSEの
betaバージョン(テストバージョン)が
公開されている事もありますが、OBSEのbetaバージョンは不安定な事が多いので、
こちらは使用しない事をオススメします。

なので、数字の後ろに「beta」等の記載があるバージョンは避けた方が良いです。
-----------------------------------------------------------

(2)
ダウンロードしたファイルを解凍すると、何やらフォルダ内にファイルがいっぱいありますが、
とりあえず、「obse_1_2_416.dll」「obse_editor_1_2.dll」「obse_loader」の
3つのファイルをコピーしておきます。

※オブリビオンのパッケージ版を普通に購入した人には関係ありませんが、
もし、「Steam」版のオブリビオンで遊んでいる人は、
「obse_1_2_416.dll」は使わず、代わりに「obse_steam_loader」を使用します。


(3)
あなたの'Oblivion'フォルダ
(通常は、C:\Program Files\Bethesda Softworks\Oblivion)の中にコピーします。
※Dataフォルダじゃないよ!



これで、導入完了です。
では、Oblivionフォルダ内にコピーした「obse_loader」ダブルクリックしてみましょう。
オブリビオンが起動するハズです。

以後、オブリビオンはここから起動する事になります。
そうしないと、OBSEが機能しないからです。
なので、「obse_loader」のショートカットを
デスクトップ等に作成しておく事をオススメします('Д')




スポンサーサイト

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。